不動産査定を活用

不動産査定を活用

不動産査定を活用 不動産を売るときには仲介業者に任せることになる場合が多いですが、どこに任せても同じ値段で売ることができるとは限りません。相談していくらで売り出すか決めることになりますが、自信のないところは安く売りだすことになるでしょう。
逆に売れる自信のある営業力の高い業者であれば、同じ不動産であったとしても高い値段を提案してくれるはずです。そのため、依頼する業者を決めるにあたっては、不動産査定を依頼するのが良いです。どの業者も無料で不動産査定をやっていますが、これを利用して比較し、一番高い値段をつけてくれた業者に依頼すると、損をすることを防げます。
この時の査定額は実際に自分たちが売れる値段を出してくれるので、これは一つの指標になります。仲介をする側としても売れなければ手数料が入ってこないので、無理な値段を付けて依頼を集めようとすることはありません。したがって、業者選びに悩んでいる方はまずは不動産査定を活用しましょう。

不動産査定ではどのような調査を実施するのか?

不動産査定ではどのような調査を実施するのか? 不動産査定を実施するときは、あらゆる観点から調査を行います。最初に調べるのは、法律的な問題や権利に関する内容です。燐家との境界や建築基準法との整合性など、その項目は多岐にわたります。それに基づいて現地で調査を行うのですが、ポイントになるのは図面や書類だけでは分からない実情です。改築の箇所などを実際にチェックすることも、このステップに含まれています。続けて、該当エリアや近隣エリアにおける過去の不動産査定の結果も確認します。
これにより地域の相場に目星を付けられるので、妥当な価格の提示が可能になるのです。それと同時に、周辺の施設や店舗なども調べることになります。最寄りの駅からの移動手段や時間なども重要な項目です。
生活面での利便性は不動産査定に大きな影響を与えます。マンションであれば、管理組合や清掃の状況などもチェックの対象です。修繕の実施状況や今後の実施予定に関する聞き込みなどを行うこともあります。

新着情報

◎2021/3/4

不動産査定を活用
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

売却期限が決まっているとき
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

現実的な売り出し価格の決め方
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 仲介」
に関連するツイート
Twitter