現実的な売り出し価格の決め方

現実的な売り出し価格の決め方

現実的な売り出し価格の決め方 不動産を売却するにあたっては、事前に不動産会社に依頼して不動産査定をしてもらうのが通例です。
いっぽうで実際に販売をはじめる際の値段は売り出し価格とよばれていますが、これはかならずしも査定価格と一致させる必要はなく、あくまでも売主のほうで希望する価格で決めてよいものとされています。
もちろんいくら売主が希望しているからといって、あまりにも相場とかけはなれた価格を提示したとしても、その物件に魅力を感じて問い合わせをしてくる購入希望者が現れず、なかなか売却が進まないという結果になるのは当然です。
したがって不動産のプロフェッショナルである不動産会社がはじきだした査定価格をベースとするのが、売り出し価格の設定方法としては現実的といえます。
その際にはインターネット上にある一括査定サイトなどを使って複数の会社に不動産査定を依頼しておいて、もっとも高額だった査定金額をそのまま採用するのもひとつの手段です。
もしも希望者がなかなか現れない場合には、その金額から段階的に値下げをして、買主にとってさらに魅力的な価格にします。

時間的余裕がある時に不動産査定をして売り出しをするのが良い理由

時間的余裕がある時に不動産査定をして売り出しをするのが良い理由 戸建て住宅や分譲マンションを所有されている場合、不動産という確かな資産を持っていることで安心されている方は多いことでしょう。
しかし、この不動産とは常に価値が変動するものです。当初は5,000万円で購入したのに、今では2,000万円以下の価値しかないという場合もあります。これでは半値以下の価値しかなく、資産と呼ぶには実に虚しいものです。
こういったトラブルを防ぐためには、時間的余裕がある時に不動産査定をおこなって今現在の所有物件の価値を正しく把握しておくことが望ましいです。
不動産査定とは不動産を取り扱っている会社がなさてれているサービスで、宅建の国家資格を有した方が物件調査をして販売価格を的確に表記してくれます。この価値表記は現在の土地価格と建物の建築年数を考慮した形で導きだされるので、調査時期が異なれば導き出される価格も異なります。
数年に1度、不動産査定をおこなってもっとも高い販売価格を示した時に売り出しをすると良い資産を得られるといえます。

新着情報

◎2020/9/28

現実的な売り出し価格の決め方
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 査定」
に関連するツイート
Twitter