売却期限が決まっているとき

売却期限が決まっているとき

売却期限が決まっているとき 不動産査定を行って、媒介契約を結ぶ不動産会社と所有者双方が納得の上で販売価格を決めた後には、内覧者を招き入れて購入に繋げることが不動産売却の流れになります。専任媒介契約でも一般媒介契約でもどちらも基本は売却期限の設定があり、通常は3か月間の契約に留まります。
この期間に売却できなかった時には、他の会社でも良いので新規に再度媒介契約を結ぶ方法になりますが、初回に不動産査定を利用した時に3か月間の期限までには、やるべきことがあるので、どのような行動が必要なのかを前もって把握しておくとスムーズな売却を可能にできる可能性は飛躍的に向上します。やるべきことは、戸建て住宅であればエクステリアと住宅の外壁、室内の全ての場所をできる限り綺麗に掃除を済ませることは最も基本です。マンションの場合は専有スペースの掃除に限定されます。掃除をしても室内が乱雑であれば内覧者に良い印象を与えられないので、不用品があれば期限前には全てを廃棄するか買取に出すなどの方法で片付けを徹底することも大切です。特にリビングは注目されることが多いスペースなので、片付け後には家具類や家電製品の整理整頓と環境次第では配置を変更し、お洒落で清潔感が感じられるまでに仕上げておくこともやるべき行動ではないでしょうか。

不動産査定から売却までにかかる期間

不動産査定から売却までにかかる期間 不動産査定をしたのちにどれだけの期間で物件を売却できるか、というのが不動産査定を予定している人の気になるポイントの一つです。
売却までにかかる期間は、物件によって通常は3〜6ヶ月ほどの時間がかかります。一般的な流れとしては、不動産査定を複数の不動産会社に依頼します。どの不動産会社に売却するかを比較検討するのに1〜4週間程度かかります。不動産会社と契約した売却活動を始めますが、このときすぐに購入してもらえるか、時間がかかるかは物件によって大きく異なります。最低でも1〜3ヶ月程度の期間がかかると考えます。購入希望者が出てきたら価格交渉などを始め、売買契約、手付金を受領するまでには、購入者の住宅ローン審査などが行われるため1〜2ヶ月ほど時間がかかります。マンションなどでは2ヶ月程度で終わることもありますし、一戸建ての場合は隣の家との境界線が曖昧で売る時に時間がかかるなどのケースもあるため注意が必要です。

新着情報

◎2020/12/23

売却期限が決まっているとき
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

現実的な売り出し価格の決め方
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 期限」
に関連するツイート
Twitter